第一土地建物株式会社

再建築不可物件の利点は?

建て替えができない分、相場より安く購入できるので、リフォームやリノベーションを上手く利用することによって、永住性の高い住居にすることも可能です。
最近では若者を中心に、古民家を自分自身でDIYして再生するケースが増えており、今後も再建築不可のような低価格の物件の需要が見込まれます。

再建築不可とは、文字通り建物を新築で建てられない土地です。今ある建物を取り壊してしまうと、 再建築 ができません。 建築基準法に定められた道路に、敷地が2m以上接していない場合は建物の建替えや、増築、改築ができません。また、道路に2m以上接していても、その道路が法定外道路の通路や路地の場合も同 様に再建築できません。

接道義務を満たしていないが大きな要因ですが、再建築不可の土地は古くから形成された住宅地に 多く、適切な避難路が無かったり、防災上問題がある場合があるので、そういった土地には一定の 規制が付加されます。

建築時には適法に建てられた建物が、その後法令の改正等によって新しい規定に適合しない 建物を示します。建替えの際は、同じような建物は建築できませんので、現行法に適合した建物に 建替える必要があります。

建築基準法第43条1項に定められており、建築物の敷地は建築基準法に定めれらた幅員4m以上の 道路に2m以上接しなければいけないのが『接道義務』になります。接道義務で問題になるケースは 主に敷地延長の旗ざお状の土地や不整形地に多く見受けられ、2m以上接していない場合は 接道義務を満たしていません

違反といっても何ら罰則等がある訳ではなく、前述の通り建物の再建築が出来ません。 ただし、周囲に広い空地があり交通・安全・防火・衛生上、問題ないと認められれば再建築が可能になる場合があります。

会社ニュースコンテンツ

2015.5.26
【空き家対策特別措置法】が施工されました。
これまで特定出来なかった空き家の所有者を、固定資産税の納税記録から特定出来るようになり、『特定空き家』と判断された場合は、今までの最大6倍の固定資産税を支払うことになります。なお、特定空き家の所有者に対し、行政から助言・指導・勧告を行い、そのいずれも従わない場合は『行政代執行』になる可能性があり、その撤去費用負担は所有者となりますが、支払えない場合は財産の差し押さえ等の措置になります。
2015.06.02
東京都港区高輪の再建築不可物件を買取りさせていただきました。(接道2m以下)
2015.06.15
東京都新宿区余丁町の再建築不可を物件買取りさせていただきました。(法定外道路)
2015.06.21
東京都中野区本町の再建築不可物件を買取りさせていただきました。(接道2m以下)
2015.07.12
東京都目黒区S様邸、再建築不可が再建築可能になりました。(接道2m以下)
2015.12.24
冬季休暇のお知らせ
平素は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記期間を弊社冬季休暇とさせていただきます。
平成27年12月26日(土)〜平成28年1月6日(水)
平成28年1月7日(木)から通常営業となります。
何かとご迷惑お掛け致しますが、何卒御了承の程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせから引渡しまでの流れ

お電話または問合わせフォームよりお問合わせください。
再建築可能か不可か調査し、再建築不可であれば、可能に出来るのかも含めて調査致します。
再建築が可能な場合と再建築不可だった場合での査定額を迅速に提示致します。
物件の査定額にご納得いただければご契約の流れになります。
最終残代金をお支払いした後、鍵のお引き渡しになります。

電話お問い合わせ